新規会員登録

フリーダイアル0120-961-717 平日9:30~17:00

ベビーベッドの選び方

取り扱いオプションについて

ベビーベッドのいいところ、困ったところ

ベビーベッドは絶対に必要?

安心サポート

カレンダー

受付時間:9時30分~17時
定休日:土・日・祝

お部屋の広さから選ぶベビーベッド

リビングにあるベビーベッド

ベビー用品の中でも特に幅を取りがちなベビーベッド。
ご家庭の環境はそれぞれだと思いますが、お部屋の広さからベビーベッドを選べば
「ベビーベッドを置いたら部屋が狭くなってしまった…。」
「思っていたよりも圧迫感がある。」
なんてことも防げます。

今回はベビーベッドを使用するお部屋の広さに合わせた、ベビーベッドの選び方をご紹介いたします。

お部屋の広さに余裕がある場合

お部屋の広さに余裕がある場合には、どのベビーベッドを置いていただいても圧迫感を感じることは少ないかと思います。

お部屋が広い場合に特にオススメなのが、収納が付いているタイプのベビーベッドです。

収納棚


ベビーベッドレンタル.comでは収納付きのベビーベッドをたくさんご用意しています。
その中でも「ツーオープンベッド b-side」「スリーオープンベッド b-side DX」というタイプは、ベビーベッドの下に収納扉が付いているため、収納していた荷物を赤ちゃんが引っ張り出してしまう…なんてことも防げます。

この収納扉は手前に倒れるタイプなので、ベビーベッドの足元側にある程度のスペースがないと使いづらくなってしまいます。
しかしお部屋の広さに余裕がある場合にはそんな心配もいりませんよね。
収納付きのベビーベッドならかさばりがちなベビー用品もすっきりしまえてオススメです。

収納付きのベビーベッドはこちら>

またお家に広さがある場合には、例えばキッチンとリビングが離れていて、ママがキッチンにいるときは赤ちゃんの様子が見えない…なんてこともあるかもしれません。

キャスター付き


そんな方にオススメなのが、キャスター付きで移動できるタイプのベビーベッドです。
ベビーベッドレンタル.comでもキャスター付きのタイプのベビーベッドを取り扱っていますが、キャスター付きであればお部屋同士の移動も簡単ですよね。
キッチンとリビングが離れているような場合でも、ベビーベッドを移動させれば赤ちゃんの様子がいつでも伺えてママも安心です。

お家に広さがあって、いろいろなお部屋でベビーベッドを使いたい場合には、キャスター付きのタイプもチェックしてみてくださいね。

キャスター付きのベビーベッドはこちら>

お部屋のスペースがあまりとれない場合

マンションやアパートにお住まいの場合、ベビーベッドを置くスペースが限られている場合も多いですよね。

コンパクトタイプ


そんな場合にオススメなのが、コンパクトタイプのベビーベッド。
ベビーベッドレンタル.comで取り扱っているスタンダードタイプのベビーベッドとコンパクトタイプのベビーベッドのサイズを比較してみると…

スタンダードタイプ(ツーオープンタイプ b-side):幅82×長さ125×高さ89cm
コンパクトタイプ(コンパクトベッド ツーオープン):幅68×長さ94×高さ116cm

このように、コンパクトタイプは幅と長さがスタンダードタイプよりも短くなっている分、すっきりとお使いいただけます。
幅が狭いので、キャスター付きのベビーベッドの移動もらくらく。
扉につっかえることなくお使いいただけます。

「家はあまり部屋に余裕がないから…。」
とベビーベッドを使うことをためらっている方は、是非コンパクトタイプのベビーベッドをチェックしてみてくださいね。

コンパクトタイプのベビーベッドはこちら>

お部屋に合わせたベビーベッドで快適な育児生活を

お部屋の広さに合わないベビーベッドを使うのは、使いづらさがストレスになってしまうことも。
そのうちベビーベッド自体を使わなくなってしまうかもしれません。

しかしベビーベッドは赤ちゃんの睡眠環境を整える、大きな助けになってくれるはずです。
是非お部屋の広さに合わせたベビーベッドを選んで、快適な育児生活を送ってくださいね。

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドを探す・注文する

日本全国からご注文を頂いております。初めての方でも分りやすいホームページを心がけています。


フリーダイヤル