新規会員登録

フリーダイアル0120-36-7706 平日9:30~17:00

ベビーベッドの選び方

取り扱いオプションについて

ベビーベッドのいいところ、困ったところ

ベビーベッドは絶対に必要?

安心サポート

カレンダー

受付時間:9時30分~17時
定休日:土・日・祝

4/27(土)から5/6(月)はお休みを頂戴いたします。その間は納期に含まれませんので、ご注意下さい。

赤ちゃんを見守りながら睡眠環境も守るベビーベッド。

baby_002%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99

赤ちゃんが産まれると、ママやパパはたくさんのことに悩みますよね。
ご自身の大切なお子さまを守るために、少しでも良いものを、良い環境を、
とお考えになるパパやママも多いと思います。

赤ちゃんの寝る場所も、悩みの一つなのではないでしょうか?
床起きのお布団にしようか、ベビーベッドにしようか?
決めかねている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、ベビーベッドのメリットについてご紹介いたしますので、
赤ちゃんの寝る場所選びのヒントにしていただければと思います。

 

床からの振動が少なく、安眠できるベビーベッド。


baby_005%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99

寝起きに赤ちゃんがぐずぐず…。
赤ちゃんがいるご家庭ではよくある光景かもしれません。

泣き続ける赤ちゃんをあやしていると、時には疲れてしまうこともありますよね。
また赤ちゃんがよく眠れていないのかな、と
心配になる方もいらっしゃるかもしれません。
赤ちゃんにとって睡眠はとても大切!
つまり、赤ちゃんの睡眠環境を整えてあげることもとても大切なことなのです。

では反対に、赤ちゃんの安眠を妨げてしまうものには
どういうものがあるのかというと、原因は様々ありますが、
赤ちゃんが寝ている時の振動もその一つです。

大人も同じだと思いますが、自分が熟睡している時に枕もとで歩かれたりすると、
振動で起きてしまったりすることがありますよね。
それは赤ちゃんも同じです。
赤ちゃんが熟睡しているときに振動があると、睡眠の妨げになってしまいます。

床起きのお布団に赤ちゃんを寝かせていると、
どうしても歩く振動が伝わってしまう場合があります。
その点ベビーベッドは床から離れているため、振動が伝わりにくく、
結果的に赤ちゃんの安眠を守ることになるのです。

 

ダニやホコリから赤ちゃんを守るベビーベッド。

赤ちゃんが一日の大半を過ごすことになる家の環境はできるだけ整えたい、
とお考えのパパやママは多いと思います。
赤ちゃんのために、こまめに掃除するなど気を遣っている方も多いことでしょう。

しかし、いくら掃除をしても
完璧にダニやホコリを取り除くことはできませんよね…。
どうしても空気中に残ってしまいます。
しかもダニやホコリが一番多いのは、
床から30cmくらいのところだと言われています。

床から30cmくらいのところというと、
ちょうど床起きのお布団で寝た時の高さくらいになりますよね…。
ですから、床起きのお布団で寝せていると、
ダニやホコリを吸い込みやすくなってしまいます。

ベビーベッドの高さは、スタンダードなタイプで35~45cmあります。
ですから、ダニやホコリを吸い込む量も少なくなります。
ダニやホコリは赤ちゃんのアレルギーの原因にもなりますので、
ベビーベッドを使うことは、自然とアレルギー対策にもなっているのです。

 

ベビーベッドは赤ちゃんを冷えから守ります。

pixta_8579884_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99

赤ちゃんは体温調節の機能が未熟です。
身体も小さいため外気温の影響を受けやすいため、
暑い日には体温が上がりやすく、
寒い日には体温が下がりやすくなってしまいます。

体温調節ができるようになってくるのは、
動きが活発になってくる生後8か月頃からと言われているので、
それまでは特に、パパやママが体温調節には気を遣ってあげたいものです。

特に寒い日や、夏でもエアコンがついている日は、
冷たい空気は部屋の下の方に溜まってしまいます。

大人が快適だと思っていても、床起きのお布団に寝ている赤ちゃんにとっては、
冷えすぎていることもあるかもしれません。
あまりに体温が下がってしまうと、体調を崩す原因にもなりますよね。

ある程度高さのあるベビーベッドの上に赤ちゃんを寝かせていただければ、
赤ちゃんが寝ている間に体を冷やし過ぎることなく、
快適に眠れるのではないでしょうか?

 

適度な硬さのベビーベッドは、赤ちゃんの発達の妨げになりません。

赤ちゃんの体というのは、まだまだ未発達ですよね。
骨や関節も大人に比べれば柔らかく、不安定な状態です。

実は大人用の敷布団というのは、
赤ちゃんにとっては柔らかすぎることがあります。
柔らかいお布団に赤ちゃんを寝せていると、背骨や関節がゆがみ、
成長の妨げになることもあります。

また、柔らかすぎるお布団で寝ることは、窒息の原因になることも…。
頭が重くて大きいので、沈み込んでしまうことがあります。
ですから、赤ちゃんのうちは適した硬さのお布団で寝せることが必要なのですね。

ベビーベッドは赤ちゃんに適した硬さに作られています。
背骨をしっかりサポートし、赤ちゃんの健やかな成長をサポートします。

今回はベビーベッドのメリットとして次の4点を紹介いたしました。

・床からの振動が少ない。
・ダニやホコリから守る。
・冷えから守る。
・適度な硬さがある。

次回もベビーベッドのメリットについてご紹介いたします!


「ベビーベッドは赤ちゃんの健やかな成長の手助けに」

 

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドを探す・注文する

日本全国からご注文を頂いております。初めての方でも分りやすいホームページを心がけています。


フリーダイヤル