新規会員登録

フリーダイアル0120-36-7706 平日9:30~17:00

ベビーベッドの選び方

取り扱いオプションについて

ベビーベッドのいいところ、困ったところ

ベビーベッドは絶対に必要?

安心サポート

カレンダー

受付時間:9時30分~17時
定休日:土・日・祝

ベビーベッドの使用前に安全面を確認しておきましょう。

pixta_16782740_hituyousei01-1

生まれたての赤ちゃんは一日の大半を寝て過ごします。
赤ちゃんのためにベビーベッドの使用を検討している方も
多いのではないでしょうか?

ベビーベッドは他のベビー用品に比べて安いものではないですし、
場所もとります。
また、大切な我が子が使うものだからこそ、選び方には慎重になりますよね。

今回はベビーベッド選びに失敗しないように、
ベビーベッドの使用前に確認しておきたいことについてご紹介いたします。
ベビーベッドの使用を検討されている方は、参考にしてみてくださいね。

 

赤ちゃんには安全なベビーベッドを使いましょう。

pixta_7990401_hituyousei01-2

ベビーベッドは赤ちゃんが使うものですから、
何よりも安全性には気を配りたいですよね。
ですから、ご使用前に「PSマーク」が付いているか確認することが大切です。

実はベビーベッドというのは、国が定めている
「特別特定製品」と言われるものの一つです。

特別特定製品は、自主検査だけではなく、
登録検査機関での検査が義務付けられているもので、
この検査に合格しないと「PSマーク」が付けられないことになっています。

日本国内で販売されているベビーベッドというのは、
安全基準を満たしているもののみなので、安心してお使いいただけます。
ただし、海外から輸入されたものの中には、安全基準を満たしていない
粗悪品もありますので、必ず「PSマーク」が付いているか確認しましょう。

また、安全な作りのベビーベッドを選んでも、肝心の使い方に誤りがあれば
赤ちゃんが怪我などをしてしまう危険性もあります。
ベビーベッドの安全な使い方も確認しておきましょう。

ベビーベッドの耐荷重の確認をしましょう。

ベビーベッドには耐荷重があります。
いくら丈夫に作られているベビーベッドでも、
耐荷重以上の重さには耐えられません。

ですから、パパやママが腰かけたり上の兄弟がふざけて遊んだり、
ということが無いように気を付けましょう。

また、耐荷重の範囲内だとしても、
ベビーベッド内に高く布団類などを積み上げるのは危険です。
つかまり立ちやハイハイをする赤ちゃんだと、
布団の上に登ってそこから転落してしまう危険性があります。

ベビーベッドの中にはあまり荷物は入れないようにしたいですね。

ベビーベッド周りの環境の確認をしましょう。

ベッド

ベビーベッドの周りには、
怪我をする危険があるものは置かないように気を付けましょう。
本棚や掃除機、花瓶などは地震などで倒れてくる危険性があります。

また、直射日光が当たらない場所、エアコンの風が当たらない場所など、
温度・湿度にも気を付けることが大切です。

意外と見落としがちなのが、加湿器の場所です。
加湿器がベビーベッドの近くにあると、
ベビーベッドにカビが生える原因になることも…。

加湿器はベビーベッドから離した場所に置き、
寝具類の手入れもこまめに行いましょう。

ベビーベッドは定期的に点検をしましょう。

ベビーベッドは毎日使うものですので、
気付かないうちにネジなどが緩んでしまっている可能性もあります。
定期的にぐらつきがないか、
ひび割れている部分がないか確認するようにしましょう。

万が一破損などが見つかったらすぐに使用を中止し、
販売店やレンタルした店舗、ベビーベッドのメーカーに連絡をし、
修理や交換をしてもらうようにしましょう。

今回はベビーベッドの使用前に確認しておきたいことを
安全面からご紹介いたしました。

次回の「ベビーベッドは、実際に使う時のことを想像して選びましょう。」では、
事前に確認しておきたい住環境や
ベビーベッドの機能面についてご紹介いたします。

 

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドを探す・注文する

日本全国からご注文を頂いております。初めての方でも分りやすいホームページを心がけています。


フリーダイヤル