新規会員登録

フリーダイアル0120-36-7706 平日9:30~17:00

ベビーベッドの選び方

取り扱いオプションについて

ベビーベッドのいいところ、困ったところ

ベビーベッドは絶対に必要?

安心サポート

カレンダー

受付時間:9時30分~17時
定休日:土・日・祝

4/27(土)から5/6(月)はお休みを頂戴いたします。その間は納期に含まれませんので、ご注意下さい。

恐ろしいカビを防ぐために!ベビーベッドのお手入れ方法

赤ちゃん(0歳児)の寝顔

赤ちゃんは驚くほど、汗っかきです。
そのため、敷いているお布団が湿ってしまったり、
そこからベビーベッドにまでカビが生えてしまうこともあるんです。

パパとママにとって大切な宝物である赤ちゃんを、
毎日清潔な寝具でねんねさせてあげたいですよね。

赤ちゃんの健やかな眠りを守るベビーベッドを安心して長く
お使いいただくために、ベビーベッドのお手入れ方法をご紹介します。

 

ベビーベッドも呼吸する「生き物」です

まず、ベビーベッドの置き場所を確認しましょう。
木製品は生き物です。わたしたちと同じように呼吸をしています。
そのため、壁際に置くときには必ず、ベッドと壁の間に隙間を空け、
ベビーベッドが呼吸しやすいよう、通気性の良い状態でお使いください。

また、直射日光の当たる場所や、
冷暖房の風が直接あたる場所には置かないようにしましょう。

赤ちゃんが快適に眠れる場所を考えたとき、それはベビーベッドをより長く、
良い状態でお使いいただける最適な場所でもあるんですね。

 

汚してしまった!そんなときには

ミルクをこぼしてしまったり、おむつ替えのときに汚れが付着した場合は
なるべく早く、きれいに拭き取ってください。

汚れがひどい、落ちないといった場合には、
中性洗剤をぬるま湯で薄め、そこに浸したやわらかい布で拭き取ります。
そのとき、布はかたくしぼること。

汚れを拭き取ったあとはさらに、
ぬるま湯に浸してかたくしぼった布で水分を残さないよう拭き取ります。

湿った部分からカビが発生しないように、注意を払いましょう。

また、シンナーやベンジンといった薬品の使用は避けてください。
塗装の剥がれや変色、変形の原因となります。

それから、赤ちゃんのよだれが付着していないか、こまめに確認しましょう。
毎日乾いた布で乾拭きを行うことで、ちょっとした汚れや湿り気から
カビが発生するのを防ぐことができますよ。

 

恐ろしいカビの影響

pixta_1820877_hituyousei03-2

免疫力や抵抗力といったものが低い赤ちゃんの体内にカビが入り込むと、
アレルギー症状のほか、さまざまな病気の原因となります。

赤ちゃんの体内にカビが入り込むと、
咳き込んだり、鼻水が出たりといったアレルギー反応が出ます。
これによって呼吸器官が弱まると、喘息を引き起こしたり
ウイルスの侵入を防ぐことができなくなります。

また、脳や内臓に影響を与える、
「真菌感染症」という深刻な病の原因となってしまうことも…。

 

マットレスや床板も、こまめにチェックしましょう

ベビーベッド本体だけではなく、赤ちゃんが眠るお布団にも注意が必要です。
赤ちゃんのかいた汗を吸収した敷き布団にカビが発生すると、
床板にもカビが移ってしまうことがあります。

いつもねんねさせている面はなんともないけれど、
裏返してみると、カビがびっしり!といったこともあります。

カビの発生を防ぐためには、お布団はこまめに干すことが大切です。
同様にシーツの交換やお洗濯もこまめに行いましょう。

赤ちゃんといっしょにお出かけするときや、ベビーベッドから
しばらく離れさせる場合に、お布団や床板を取り外し、
風の通りが良い場所に立てかけて干しておくといいですよ。

また、カビの生えてしまった寝具は使用せず、
新しいものに買い替えると安心です。

 

自衛のできない赤ちゃんのため、
ママやパパが厳しく目を光らせましょう

pixta_18103993_hituyousei03-3

寝具が湿っていても、ベビーベッドにカビが生えてしまっても
赤ちゃんにはどうすることもできませんよね。

毎日使うものだからこそ、ママとパパが厳しく目を光らせる必要があります。
また、汚れやカビのチェックを行う際は、
ベビーベッドのネジの緩みがないかなども、併せて確認しましょう。


お手入れの方法や、気をつけるべき点についてご紹介させていただきました。
おうちの中の湿度や気候と照らし合わせて、
お手入れを行う際の参考にしていただければと思います。

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドを探す・注文する

日本全国からご注文を頂いております。初めての方でも分りやすいホームページを心がけています。


フリーダイヤル