新規会員登録

フリーダイアル0120-961-717 平日9:30~17:00

ベビーベッドの選び方

取り扱いオプションについて

ベビーベッドのいいところ、困ったところ

ベビーベッドは絶対に必要?

安心サポート

カレンダー

受付時間:9時30分~17時
定休日:土・日・祝

大人がベッドで寝ていても安心!赤ちゃんと添い寝できるベビーベッド

赤ちゃんとの添い寝

昔ながらの和風のお家とは違い、現在では一戸建てのお家でもアパートやマンションなんかでも、和室があるお家は減りつつあります。
そのため、パパやママはフローリングの部屋にベッドを置いて就寝している場合も多いのではないでしょうか?

赤ちゃんが産まれたら添い寝したい、と考えるパパやママにとって、赤ちゃんとどうやって寝るかは悩みのひとつ。
赤ちゃんにとって快適な睡眠環境を整えてあげるために、またパパやママにとって夜の赤ちゃんのお世話が楽にできる環境にするためにも、ご家庭に合ったぴったりの方法を選びたいですね。

こんな添い寝の方法はNGです

赤ちゃんと添い寝したい場合に、オススメできない方法がいくつかあります。

一つ目は大人と同じベッドに赤ちゃんを寝せること。
この方法は確かに楽なのですが、赤ちゃんにとっては危険が多い環境でもあります。

赤ちゃんの寝返りが活発になってくると、寝ている間にどんどん動いてしまいます。
特に暑い日なんかは寝返りの回数も多くなり、朝起きた時に赤ちゃんがびっくりするような場所にいることも。

大人が使うベッドには柵がなかったり、少し隙間が空いたりしていることも多く、これが思わぬ事故につながることがあります。
赤ちゃんが転落してしまったり、隙間の間に頭が挟まってしまったりすると、命の危険にさらされる可能性もあるのです。

また、寝返りをしない時期の赤ちゃんと一緒に寝ているときに、パパやママが寝返りをしたときに赤ちゃんに覆いかぶさってしまうことがあります。
特に産まれて間もない頃の赤ちゃんのお世話は昼も夜も関係ないので、パパもママも疲れて切ってしまいぐっすりと寝入ってしまうことも多いものです。
そのため、赤ちゃんに覆いかぶさっていることに気づかず、赤ちゃんが窒息してしまう事故も起きてしまっています。

赤ちゃんが小さいうちは特に大人と同じベッドで寝ることには思わぬ危険が付き物。
できるだけ避けるようにしたいですね。

添い寝できるタイプのベビーベッド!

赤ちゃんと添い寝

ベッドに寝ているパパやママと添い寝をする方法にはいくつかありますが、ベビーベッドレンタル.comでは添い寝ができるタイプのベビーベッドもご用意しています◎

添い寝ができるベビーベッドなら、赤ちゃんのお世話もとっても簡単。
離れて寝ているのとは違い、夜間の授乳や抱っこにもすぐに対応できるので、パパやママだけではなく赤ちゃんも安心ですよね。

ベビーベッドレンタル.comでは、添い寝できるベビーベッドが大きく分けて2種類ありますので、それぞれご紹介していきます。

ツーオープンタイプのベッド

ツーオープンタイプ

ツーオープンタイプと言うのは、ベビーベッドの前枠と横枠の2面が開くタイプです。
前枠をパパやママのベッドにくっつけて使うことができます。

ツーオープンなので、赤ちゃんの足元側から赤ちゃんのお世話をすることができます。
ですから赤ちゃんのおむつ替えや抱っこも楽にできますね。

添い寝ができるツーオープンタイプのベッドは、スタンダードタイプとコンタクトタイプの2つから選ぶことができます。
ベビーベッドを置くことで圧迫感を感じる場合や、お部屋の広さが気になる場合には、コンパクトタイプをオススメいたします。

ツーオープンベッド b-sideはこちら>
ツーオープンベッド b-side miniはこちら>

スリーオープンタイプのベビーベッド

スリーオープン

前枠の2面と横枠の1面、計3面の扉が開くタイプのスリーオープンタイプ。
和江枠の2面が開くので、パパとママのベッドの間にベッドを置くこともできるんです。
このタイプであれば、パパとママどちらも赤ちゃんのお世話がしやすく便利ですよね。
赤ちゃんにとっても安心感があります。

スリーオープンベッド b-side DXはこちら>

ベビーベッドを使って快適な睡眠環境を

パパやママがベッドを使っていても、添い寝ができるタイプのベビーベッドを使えば安心して赤ちゃんと添い寝ができますよね。
大切な赤ちゃんにとって、快適な睡眠環境を整えてあげることはとても大切なことです。
赤ちゃんとの添い寝をされている方は、是非ベビーベッドの活用も検討してみてくださいね。

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドレンタル.comスタッフ一同

ベビーベッドを探す・注文する

日本全国からご注文を頂いております。初めての方でも分りやすいホームページを心がけています。


フリーダイヤル